病院教授 感染制御室長

名前 *
卒業大学・卒業年次 名古屋市立大学 昭和62年
専門分野
  • 呼吸器病学
  • 感染症学,抗菌化学療法
  • 感染制御
研究テーマ
  • 感染症予防に関する研究
  • 抗菌作用の基礎的・臨床的解析
  • C.difficile感染症の臨床・疫学解析

所属学会(資格)

  • 日本内科学会(認定内科医・指導医、東海支部評議員)
  • 日本呼吸器学会(専門医・指導医、評議員)
  • 日本呼吸器内視鏡学会(専門医・指導医、評議員)
  • 日本感染症学会(専門医・指導医、ICD,評議員、中日本地方会理事)
  • 日本化学療法学会(抗菌化学療法専門医・指導医、臨床試験指導者、評議員)
  • 日本環境感染学会(評議員)
  • 日本結核病学会(専門医)
  • 日本アレルギー学会
  • 日本肺癌学会
  • 日本嫌気性菌学会(理事)
  • 日本臨床微生物学会
  • 外科感染症学会

経歴

昭和62年5月 名古屋市立大学第1内科 臨床研修医
昭和63年4月 旭労災病院内科 研修医
平成1年1月 厚生連尾西病院内科 医員
平成3年8月 名古屋市立大学第1内科 臨床研究医
平成8年4月 名古屋市立大学第1内科 助手
平成15年4月 名古屋市立大学臨床機能内科学 講師,呼吸器内科副部長
平成19年11月 名古屋市立大学腫瘍・免疫内科 病院准教授
平成21年4月 名古屋市立大学病院 感染制御室室長
平成21年11月 名古屋市立大学腫瘍・免疫内科学 准教授
平成26年5月 名古屋市立大学 呼吸器・免疫アレルギー内科学 病院教授
現在に至る

Message

生来欲張りな性分のため、様々な病態を示す呼吸器病学に魅力を感じて、呼吸器内視鏡による診断・治療から肺がん、間質性肺炎やアレルギー疾患、呼吸器感染症などに幅広く興味を持って仕事をしてきました。最近は呼吸器を超えて感染症全般や抗菌化学療法に興味を拡げ、さらに感染管理の業務にも携わっています。わが国の死因の第3位に浮上した肺炎の診療は、進みゆく高齢化社会において益々大きなウエイトを占めるようになってきています。呼吸器感染症や感染症の診断・治療、感染管理に興味のある方は是非一緒に勉強しましょう。
プライベートな趣味は、クラシックを中心とした音楽鑑賞や合唱、乱読、史跡・墓めぐり、美味しいものを食べたり飲んだりすることが大好きで、これらの同行の士も募集しています。テニスやゴルフなどのスポーツは最近休業中で、メタボ化が悩みの種です。

ウィンドウを閉じる