名古屋市立大学 呼吸器・免疫アレルギー内科学では、呼吸器、アレルギー、リウマチ・膠原病を中心とした内科領域で、活気あふれる多くの医師・研究者が、日々臨床、研究、教育に励んでいます。

後期研修について

ホーム > 後期研修について

後期研修について
後期研修について

後期研修では、専門医としての臨床技能を習得するだけでなく、研究的視点も身につけ、大学院進学など将来を見据えた教育を実践しています。
各科の教育方針やカリキュラムについては下記をご覧ください。

呼吸器内科 専門医研修コースプログラム
膠原病内科専門医研修コースプログラム
問い合わせ

名古屋市立大学大学院
医学研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学

〒467-8601 名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1
m-take19@med.nagoya-cu.ac.jp(医局長・病院講師 竹村 宛)

名古屋市立大学大学院の外観

呼吸器・アレルギー内科 専門医研修コースプログラム

診療科の概要

特色

温かく熱意ある指導医が、呼吸器内科医をめざすあなたの後期臨床研修をサポートします。名古屋市立大学病院と、独自の特色をもつ関連病院での研修により、地域医療から高度医療まで幅広く経験できます。ほとんどの病院が名古屋市内および名古屋近郊に位置しています。
呼吸器疾患は、腫瘍、感染症、免疫・アレルギー性疾患、環境・産業性疾患など多岐にわたり、近年増加している疾患が多く、多くのCommon diseaseを含みます。専門医取得を目指して、単に症例を経験するだけでなく、臨床能力・知識をさらに深めることができるように、関連病院全体が参加する研究会、症例検討会などの機会を設けています。さらに実地医療に加え、学会活動、臨床試験、研究とバランスのとれた構成で、専門医をめざすあなたをサポートし、研修後も活躍の場を提供します。教育関連病院以外にも多数の関連施設があり、勤務医、開業医、大学教員、研究者はもちろん、行政、公衆衛生、疫学、病理学、予防医学など多彩なフィールドで先輩たちは活躍しています。

名古屋市立大学病院での診療実績

平成25年度の新入院患者数は949人、外来患者数は13,112人。気管支鏡検査件数は224件です。検査入院を除いた入院疾患の内訳では、肺がんが51.0%を占めますが、肺炎24.7%、間質性肺炎4.6%、気管支喘息3.6%、気胸3.1%、肺抗酸菌感染症 2.1%、COPD 2.1%などと幅広く、呼吸器内科医として重要な疾患をバランスよく経験することができます。

指導体制 (名古屋市立大学病院)
部長
新実 彰男(責任指導医・教授)
副部長
小栗 鉄也(准教授)
スタッフ
中村 敦(病院教授・感染制御室長)、伊藤 穣(講師)、前野 健(講師)、竹村 昌也(病院講師)、大久保 仁嗣(助教)、高桑 修(助教、教室主任)、上村 剛大(助教)、川口 裕子(臨床研究医)、福光 研介(臨床研究医)、武田 典久 (臨床研究医)
大学院生
國井 英治、土方 寿聡、浅野 貴光、市川 博也、吉田達哉(学外)、古田 裕美(学外)、福田 悟史、福光 研介(兼臨床研究医)、武田 典久 (兼臨床研究医)
学会認定施設・標榜施設
名古屋市立大学病院
日本内科学会認定制度大学病院、日本呼吸器学会認定施設、日本呼吸器内視鏡学会認定施設、日本臨床腫瘍学会認定施設、日本アレルギー学会認定施設、日本内科学会認定制度大学病院
関連病院
【日本内科学会教育病院】
旭労災病院、海南病院、大同病院、豊川市民病院、名古屋記念病院、名古屋市立東部医療センター、名古屋第二赤十字病院
【日本呼吸器学会認定施設】
愛知県がんセンター中央病院、旭労災病院、海南病院、大同病院、豊川市民病院、名古屋記念病院、名古屋市厚生院、名古屋市立西部医療センター、名古屋市立東部医療センター、名古屋セントラル病院、名古屋第二赤十字病院
【日本呼吸器内視鏡学会認定・関連認定施設】
愛知県がんセンター中央病院、旭労災病院、海南病院、大同病院、豊川市民病院、名古屋記念病院、名古屋市立西部医療センター、名古屋市立東部医療センター、名古屋セントラル病院、名古屋第二赤十字病院
【日本臨床腫瘍学会認定施設】
愛知県がんセンター中央病院、海南病院、名古屋記念病院、名古屋市立西部医療センター、名古屋市立東部医療センター、名古屋セントラル病院、名古屋第二赤十字病院
【日本アレルギー学会認定施設】
名古屋市立東部医療センター、名古屋第二赤十字病院
現在行っている新しい診断法

1. 呼気一酸化窒素濃度測定による好酸球性気道炎症の評価
2. インパルスオッシレーション法(IOS)による中枢・末梢気道病態の鑑別
3. 気道過敏性試験(アストグラフ法)による喘息の診断や治療効果の評価
4. 仮想内視鏡ナビゲーション下ガイドシース併用による、肺末梢小型病変の診断
5. 局所麻酔下胸腔鏡による胸膜疾患の診断
6. リアルタイム超音波気管支鏡を用いた肺門縦隔病変の診断

研究会等
主催
名古屋肺フォーラム:天理よろづ相談所病院 医学研究所病理科の小橋陽一郎先生、放射線科の野間恵之先生をお迎えしての、びまん性肺疾患の臨床病理学的症例検討会、特別講演
さくらやま学術セミナー:肺癌、呼吸器感染症、間質性肺炎などの症例検討、レクチャー
東海分子呼吸器研究会(名古屋大学との共催):呼吸器領域の分子生物学的研究、臨床応用につながる研究発表、特別講演
非結核性抗酸菌症研究協議会(当教室が事務局を務める):非結核性抗酸菌症に関する全国規模の研究会(例年日本結核学会と同時開催)
慢性咳嗽フォーラム(藤田保健衛生大学との共催):慢性咳嗽の基礎的・臨床的研究発表、特別講演
かわすみ呼吸器フォーラム:ディスカッション形式の呼吸器疾患症例発表(若手医師主体)とレクチャー
愛知県4大学の共催
名古屋呼吸器研究会、名古屋南部難治呼吸器疾患研究会、東海胸研、東海喘息研究会、東海呼吸器疾患研究会、東海呼吸器感染症研究会

研修目標

全身的かつ全人的な診療ができる内科医であることを基盤とし、患者や医療従事者から信頼される専門領域のエキスパートとなることを目指します。
取得できる資格
・日本内科学会: 認定内科医、総合内科専門医
・日本呼吸器学会: 専門医、指導医
・日本アレルギー学会: 専門医、指導医
・日本呼吸器内視鏡学会: 専門医、指導医
・日本臨床腫瘍学会: 専門医、指導医
・日本感染症学会: 専門医
・インフェクションコントロールドクター
・日本結核病学会: 結核抗酸菌症認定医、指導医
 など

後期研修プログラム
(新・内科専門医制度に準拠したプログラムについては現在準備中です)

年次計画表(例)

1.必修研修で、認定内科医取得のための症例が経験済みで、内科ローテートを希望しない人

卒後 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
3年次 関連病院(A病院)・あるいは市大病院
呼吸器内科研修
4年次 A病院・あるいは市大病院
呼吸器内科研修
5年次 A病院・あるいは市大病院
呼吸器内科研修

2.認定内科医取得のための症例が不足で、内科ローテートを希望する人
  大学病院では、リウマチ・膠原病内科も経験可能です

卒後 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
3年次 市大病院 
呼吸器内科研修
市大病院
内科希望科
市大病院
内科希望科
市大病院
呼吸器外科
4年次 A病院
呼吸器内科研修
5年次 A病院
呼吸器内科研修

3.認定内科医および呼吸器学会認定「呼吸器専門医」以外に、 日本アレルギー学会認定「アレルギー専門医」、日本感染症学会「感染症専門医」、日本呼吸器内視鏡学会「気管支鏡専門医」などの専門医獲得を目指す方にもプログラムをご提案できます。個別にご相談ください。

※ローテート科の時期は固定ではありません

研修の場所

1.名古屋市立大学病院(呼吸器・アレルギー内科、リウマチ・膠原病内科、呼吸器外科、放射線科、など)

2.日本呼吸器学会認定施設(上記関連病院を参照)

週間スケジュール(回診、カンファレンス等)
午前 気管支鏡 気管支鏡
午後 教授回診
・気管支鏡症例
検討
・リサーチミーテイング、抄読会
チェスト
カンファレンス
(第3)
・教室会議、詳読会(第1)
・内科合同症例
検討会(第4)
症例検討会
内科外来撮影分の胸部X線読影会(適時開催)

学会活動(目標)

・3年間で地方会発表5回以上、全国学会1回以上
・3年間で論文発表1回以上

研修修了後の進路について

1. 大学院進学(5年次より入学・兼務もありうる)
2. 大学スタッフ、教員/研究者
3. 国内留学・海外留学:実績あり(大学院終了後が望ましい)
4. 関連病院勤務医

ページの先頭へ

リウマチ内科専門医研修コースプログラム

診療科の概要

特色

リウマチ内科は、主として関節リウマチ、全身性エリテマトーデスをはじめとする、免疫異常・炎症制御異常を伴い全身の関節や筋肉など筋骨格系障害を呈するリウマチ性疾患(すなわち膠原病)を専門とする診療科です。
膠原病は、多臓器に障害を来しうる全身性疾患であることから、その診断・治療・管理において、呼吸器、腎臓、神経、循環器、血液、消化器など全身の臓器障害に関する幅広い見識をベースとした的確な問診や全身の身体所見評価が極めて重要で、全身を診る内科医としての総合力が要求されます。そのため不明熱や原因不明の症状での紹介が多いことも特徴です。
また昨今の免疫・炎症学、バイオテクノロジーの進歩により、これまで不治の難病とされた関節リウマチをも寛解に至らしめるポテンシャルを有する抗体医薬、分子標的薬が臨床応用され、この20年で関節リウマチの治療体系は激変しました。全身性エリテマトーデスや血管炎症候群に対しても抗体医薬、分子標的薬が臨床応用され、さらには現在様々な分子を治療標的とする新規薬剤も開発段階にあるなど、関節リウマチ以外の疾患の治療体系にも大きな変化の波が押し寄せています。それらの薬剤を免疫学・炎症学の基本的知識に基づいて適切に使いこなせる薬物療法のエキスパートとしてのリウマチ内科医を養成することが喫緊の社会的課題であり、その役割を担うべく診療・教育にあたっています。
当科は、40年以上にわたり東海地区のリウマチ・膠原病の拠点施設としての役割を担ってきました。リウマチ・膠原病の診療を専門で行っている内科系教育施設は、東海地区では希少であるため、症例数は極めて豊富です。関節リウマチなどのCommon diseaseのみならず、その他の稀有な膠原病の臨床経験を積む上でも、東海地方でトップクラスの豊富な診療実績を有する当科は、世界に通用する(グローバルスタンダードな)リウマチ内科専門医を目指す若手医師の研鑚の場として最適な環境であると自負しています。
関節リウマチやその他の膠原病などリウマチ性疾患の診療、研究にご興味があり、将来それらの疾患の診療を専門とし、東海地方を中心に活躍を考えていらっしゃる方は、是非当科の研修プログラムにご参加ください。

指導体制
責任指導医
難波 大夫(病院准教授)
指導医
前田 伸治(助教)、爲近 真也
大学院生
前田 智代、渡辺 舞子、岩垣津 志穂
学会認定施設・標榜施設
名古屋市立大学病院
日本内科学会認定教育施設、日本リウマチ学会認定教育施設、日本アレルギー学会認定教育施設、日本呼吸器学会認定教育施設
関連施設
【日本リウマチ学会認定教育施設】
名古屋市立西部医療センター、豊川市民病院、愛知厚生連海南病院
特色とする医療の治療成績
外来患者数(概数)
月間外来患者数 約750例
総治療患者数 1200例(2011年)
(うち関節リウマチ 600名、全身性エリテマトーデス 200名、全身性硬化症 60名、多発性筋炎・皮膚筋炎 60名、混合性結合組織病 50名、血管炎症候群 70名、ベーチェット病 70名を含む)
生物学的製剤治療患者数 300例
入院患者数
年間約150名
研究会など
東海膠原病研究会
東海地区のリウマチ内科、腎臓内科、皮膚科、整形外科の臨床の研究会
瑞穂リウマチ・膠原病フォーラム
市大病院のリウマチ内科、腎臓内科、皮膚科、整形外科との合同臨床研究会
院内合同カンファレンス
皮膚科および整形外科と定期的に実施

その他、若手リウマチ医を対象とした診療の基本手技・治療法に関する講演会、病診連携を促進するための講演会・意見交換会

研修目標

リウマチ性疾患の病態、診断、治療、管理、保健と福祉などの幅広い問題についての知識、技能、態度を習得し、適切かつ安全なリウマチ性疾患の診療を提供できる専門医としての能力を賦与すること、ならびにそれらを自ら継続的に学習し、臨床的能力を維持できる医師を養成することを目標とする
内容は、日本リウマチ学会 リウマチ専門医研修カリキュラムに準ずる
取得できる資格
・日本内科学会:認定内科医・総合内科専門医
・日本リウマチ学会:リウマチ専門医
・日本アレルギー学会:アレルギー専門医(呼吸器内科との連携)
・日本呼吸器学会:呼吸器学会専門医(呼吸器内科との連携)

研修プログラム

年次計画表(例):卒後3-5年

1.臨床研修で、認定内科医取得に必要な症例を経験済みで、内科ローテートを希望しない人

卒後 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
3年次 市大病院 
リウマチ内科研修
市大病院
皮膚科研修
市大病院
整形外科研修
(関節グループ)
4年次 市大病院
リウマチ内科研修
5年次 市大病院
リウマチ内科研修

2.認定内科医取得のための症例経験が不足しており、内科ローテートを希望する人

卒後 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
3年次 市大病院
リウマチ内科研修
市大病院
希望内科領域研修
4年次 市大病院
リウマチ内科研修
市大病院
皮膚科研修
市大病院
整形外科研修
(関節グループ)
5年次 市大病院
リウマチ内科研修
研修の場所

名古屋市立大学病院(リウマチ内科、医員)

希望者は下記の関連施設での短期研修を組み入れることが可能です
・名古屋市立西部医療センター:リウマチ膠原病内科、医員
・厚生連海南病院:膠原病内科、医員
・豊川市民病院:内科、医員
週間スケジュール

下記の他に、平日や土曜日の日勤帯に週約8時間の外勤

午前 病棟業務等 病棟業務等 9時~回診 病棟業務等 9時~回診
午後 病棟業務等 病棟業務等 教室会議(第1週)
内科合同医局会やCPC(第4週)
17:30~
リウマチ内科
カンファレンス
病棟業務等

学会活動(大学院との関係)

・3年間で日本リウマチ学会総会・地方会、研究会での発表6回以上
・3年間で論文発表1編以上

専門医研修期間に随時入学可

研修修了後の進路について

1. 大学病院で臨床研究医として臨床に取り組む
2. 大学院(一時期、臨床研究医兼務も可)
3. 留学
4. 関連病院へ赴任