名古屋市立大学 呼吸器・免疫アレルギー内科学では、呼吸器、アレルギー、リウマチ・膠原病を中心とした内科領域で、活気あふれる多くの医師・研究者が、日々臨床、研究、教育に励んでいます。

グループ紹介

ホームグループ紹介 > 呼吸器・アレルギー内科グループ > 研究

グループ紹介
呼吸器グループ
  • 臨床
  • 研究
  • 業績
  • 教室員

喘息、慢性咳嗽の病態解明と効果的な治療の確立を目指した研究

スパイロメトリーなどの一般的な検査の他、呼気NO(一酸化窒素)濃度測定、IOS(強制オッシレーション法)、気道可逆性試験、気道過敏性検査、咳感受性検査、誘発喀痰検査といった最新の検査法を駆使して、喘息、慢性咳嗽(咳喘息、胃食道逆流症など)、COPDなどの慢性気道疾患の病態解析、診断方法や新規バイオマーカーの確立などについて研究を進めています。難治性の喘息による咳に対する新たな治療法の有効性検証、胃食道逆流症による慢性咳嗽のメカニズムの解析(消化器内科との共同研究)などが進行中です。また岐阜薬科大学との共同研究で、アレルギーモデルによる基礎的実験にも着手しています。

喘息・慢性咳嗽における呼気中一酸化窒素濃度測定の研究

喘息・咳喘息では、呼気NO濃度が上昇する事が知られています。我々は、呼気NO濃度測定と上記検査を組み合わせることが喘息・慢性咳嗽の診断・治療にどのように役立つかを検討しています。また呼気NO濃度の末梢気道成分(肺の奥から産生されるNO)の測定から喘息の吸入ステロイド治療の効果を予測できる可能性についても調べています。

喘息における末梢気道過敏性の研究

喘息の病態・治療において、末梢気道病変の重要性が指摘されています。我々はIOSという呼吸抵抗を測定する機器を用いて喘息における末梢気道の過敏性を評価し、喘息の病態解明や治療に役立てたいと考えています。

鼻炎・副鼻腔炎合併喘息の研究

喘息ではアレルギー性鼻炎・慢性副鼻腔炎などの鼻疾患を合併することが多く、喘息の診療において鼻疾患の評価や治療は重要です。 近年、鼻疾患の治療が喘息コントロールの改善にもつながることも報告されています。我々は、耳鼻咽喉科と共同で喘息に合併する鼻炎・副鼻腔炎の診断や評価における呼気・鼻腔NO濃度測定や血清マーカーの有用性、副鼻腔炎の存在や治療が喘息の病態に及ぼす影響などについて研究を進めています。

吸入療法におけるアドヒアランスの研究

吸入療法は、喘息やCOPDの薬物治療の中心的存在ですが、内服薬にくらべ服薬遵守率が低いことや吸入手技の誤操作が多いことが十分な治療効果を挙げる妨げになっています。 このような吸入治療アドヒアランスの低下を招く要因について関連施設と連携して調査研究を行い、並行して医師、病院薬剤師、地域薬剤師と協力しながら地域レベルでのアドヒアランス向上に取り組んでいます(名古屋吸入指導ネットワーク)。

抗癌剤耐性機序の基礎研究

抗癌剤耐性機序の基礎研究

薬剤排泄ポンプ ATP-binding cassette (ABC)蛋白による細胞内有効薬剤蓄積量の減少は、抗癌剤耐性に大きく関わっており、我々はこのABC薬剤輸送蛋白を中心に、細胞内薬剤代謝と薬剤耐性機序の解明を行っています。

肺癌治療標的分子の解明とその効果的な治療法の確立を目指した研究

近年、EGFR、VEGFおよびALKなどを標的とした治療薬が肺癌臨床に用いられています。我々も肺癌治療成績の向上を目指して、新たな治療標的分子の解明と、分子標的治療薬の作用機序についての研究を進行中です。

抗癌剤感受性や副作用に関連する遺伝子多型についての検討

抗癌剤の感受性や副作用が、患者の遺伝子多型によって予測できる可能性を、臨床検体を用いて検討しています。

肺癌患者の緩和医療における臨床研究

肺癌患者に対する早期からの緩和医療は、QOLを改善するのみでなく生存期間も延長する可能性があることが示されています。我々も、より効果的な緩和医療の構築を目指し、臨床研究を進めています。

非結核性抗酸菌症の病態解明についての研究

1. Mycobacterium avium complex(MAC)のフルオロキノロン薬に対する薬剤感受性に関する全国調査(日本結核病学会)
本調査のプロトコール作成に関わり、新規に診断された肺MAC症患者由来のMAC菌のフルオロキノロン薬を含む薬剤感受性と患者背景因子について検討しています。

2. MAC症の感染経路に関する研究
環境常在菌であるMACを自宅から分離して、感染経路やその危険因子などMAC症発症に関する病態解明に取り組んでいます。

抗菌化学療法に関する研究

抗菌化学療法に関する基礎的研究として下記の研究に参加、実施しています。
1.臨床分離菌の薬剤感受性に関する多施設共同研究
 呼吸器感染症原因菌の薬剤感受性(三学会合同抗菌薬感受性サーベイランス)
2.抗菌薬関連腸炎に関する研究
 1)Clostridium difficile毒素遺伝子検出能の基礎的評価
 2)C.difficile感染症,医療関連感染に関する研究

間質性肺炎のCT画像と病型診断の研究

代表的な間質性肺炎である特発性間質性肺炎のCT画像解析の研究を行っています。これまでに全肺体積の中の正常肺体積のパーセントが、呼吸機能、予後にかかわることを見いだしています。当教室主導の人工知能を用いた多施設共同研究を開始しており、患者様に貢献したいと考えています。

先進画像解析技術の間質性肺炎への臨床応用

慢性間質性肺炎の動物モデルにおける抗線維化薬の作用機序に関する研究

本大学の基礎医学教室である細胞分子生物学教室と共同研究を行っています。世界的にも貴重な慢性間質性肺炎を呈する動物モデル(マウス)に抗線維化薬を内服させて、その作用機序の解明のための研究を行っています。